棚澤直希インタビュー

棚澤直希

現場でしか味わうことのできない魅力

工事現場で施工管理や施工写真の撮影、事務所の書類管理が主な仕事です。日差しを遮るものが何もないこの現場は、工事期間が夏にかかることもあり、職人さんたちの健康管理や熱中症対策にも率先して取り組んでいます。まだまだ半人前ではありますが、現場管理者として工程と安全面に配慮し、作業で発生する課題の把握や対処に努める毎日です。日々覚えることも多く勉強の毎日ですが、自分が管理監督した建物が出来上がった時は何ものにも代えがたい大きな喜びを感じることができます。一からものを作り上げていくことに魅力を感じていた私にとって、絶好の仕事だと感じています。
現場管理
デスクワーク

普段の会話から生まれる現場力

現場管理を行う上で大切だと思うことは、コミュニケーションです。工事現場では、工程ごとにさまざまな工種の業者さんが関わるため、常に工事全般について把握しておかなければなりません。いくら新米とはいえ、現場管理者の一人として責任を持つ姿勢が大切です。普段から率先して話しかけたり、困っていることはないか聞いて回り、それぞれの職人さんに最大限の能力を発揮してもらうための環境づくりに活かしています。以前、仲良くなった職人さんから、他の現場で頑張っている同期の話を聞いたことがありました。直接褒められることはまだそんなにないですが、間接的にでも同期の活躍を聞くと自分のことのようにうれしく感じ、自分ももっと頑張ろうと元気とやる気が湧いてきます。

未来に向けて誇れる仕事を

今はまだ一日の仕事があっという間に過ぎていくという感覚の中で、一日一日が大切な勉強の場となっていると実感します。大学では習ってこなかった現場ならではの専門用語も多くあり、自分で調べたり先輩に教わりながら日々の仕事に活かしています。また換言力も重要で、話す相手を見極めた上で説明する先輩の姿はとてもかっこよく見えます。父が電気工事をしていたこともあり、石川建設の名前は小さい頃から見聞きしてきました。当時から石川建設の堅実な姿勢は話の端々から感じていたので、今その会社で働けていることに縁を感じますし、何より誇らしい気持ちがあります。これからまだまだ学ぶべきこと、身に付けることは多くありますが、周りから「さすが石川建設!」と言われるような仕事をしていきたいと思っています。
真剣なまなざし

TANAZAWA NAOKI

わたしたちの先輩を紹介します。

石川建設の存分に自分自身を磨き、努力次第で着実にステップアップしていける体制が整ったこの職場で働く、先輩スタッフをご紹介します。現場スタッフ、設計スタッフ、営業スタッフなど様々な職場の先輩の思いをご覧ください。
町田隆インタビュー

町田隆

CSS本部

高際丈明インタビュー

高際丈明

首都圏工事部

荒川典大インタビュー

荒川典大

企画設計部

ディン-タン-タイ-インタビュー

ディン タン タイ

工務本部

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー