BIMへの取り組み

BIMとは

BIMとはBuilding Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、建物を実際に建設する前に、コンピュータ上に現実と同じ建物の立体モデル(3D)を構築するソフトです。

石川建設のBIMへの取り組み

弊社は、BIMを積極的に取り入れ、お客様からの要望を汲み取り、3Dで提案する事によって、早い段階から完成イメージをお客様と共有する事が可能です。

また、お客様が3Dでご覧いただけることで、全体像から空間内まで体験することができ、理解しやすくなります。お客様と設計者の意思疎通と合意が早くなり、後工程に入ってから仕上の色決めや形状等を確認する事を少なくする事が可能です。

また、気づいたことや変更したい箇所があれば、素早く修正でき大幅に時間や手間を削減する事が可能です。

設計・施工から施設運用まで一貫したBIM活用を見据えることで、建設プロジェクト早期の段階で、お客様の要望を取り入れる事で生産性向上に向けたシステムを構築する事が可能です。

某本社 移転新築工事

本工事は、弊社が設計・施工案件で受注しました。

構造:重量鉄骨造、延床面積4187.96㎡
工期:2020年4月~2021年1月

お客様に対し、分かりやすく、リアルな計画を伝えることが重要であります。お客様とイメージを共有でき、「もっと聞きたい」と思わせる設計BIMによるプレゼンテーションの資料を作成しました。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー